立派な早期教育
立派な早期教育
ホーム > 注目 > ゲルソン療法とみかん

ゲルソン療法とみかん

ゲルソン療法はくだものを勧めますが、あまりみかんの話題は出ないですよね?

たぶんあまりにもみかんジュースが手ごろだからなのかとは思いますが、

リンゴやニンジンや、レモンやそのへんがゲルソン療法のジュースとしては

定番のようです。

 

でもゲルソン療法を実践する我が家はみかんが大好きです。

毎年冬になるとみかんを取り寄せて、こたつに入ってむしゃむしゃ食べています。

特に息子は大のみかん好き。夕食の後も5~6個ペロリです。おかげで風邪知らず、

肌荒れ知らずですくすく育っております。

ある日のことです。たまたまスーパーで「温室みかん」を見つけました。

給料日だったこともあり、たまには奮発するかな~と思って購入しました。

パックから取り出し、お皿に6個盛り付けておきました。しかしお風呂から出てみると、

な・・・ない!高級温室みかんがない!

すると息子が「おかあさん、むっちゃおいしいなこれ」と一言・・・。

机の上には無残にも6個みかんの皮が置いてありました。

息子は「温室みかん」なるものを知らなかったのです。

いつもと同じみかんのように食べてしまったのです。「おかあさん、これ本当に甘いよ。

おいしいよ」を連発する息子・・・。怒るに怒れず、「よかったね」しか言えない私でした。

そんな息子も来年は20歳。相変わらずのみかん好きで、今年もそろそろ息子のためにみかんを発注しようかなと思っております。もちろん普通のみかんです。温室みかんではありませんよ。

以上、ゲルソン療法でした。